子供と折り紙
大人と折り紙
外国と折り紙

子供と折り紙

子供って、折り紙大好きですよね。得意か不得意かは別として
大人が折った物を「嫌い」と言う子は少ないですね。
ナゼでしょう?


1枚の紙が何か別の物に変身するからではないでしょうか?

目の前でペラペラの紙が手に持って遊べるハムスター
変身したとき、子供の目はキラキラと輝いています。

2歳を過ぎると自分で折ってみたくなるでしょう。
大人が折っているのをじっと黙って見てなんかいられません!
でもうまくいかなくて嫌になってしまいますね(笑)
(我が家の次男もすぐに試合放棄です)
そのうちママの方がしびれを切らして
「ほら!かしてごらん!」
「ママが折ってあげるから!!」…とちょっとイライラしたり(笑)

それは、大人が求める完成型を子供に
教えようとするからではないでしょうか?
子供にとってただ▲に折っただけのものも
立派なできあがりです。
少し折り目がずれていても、頑張って取り組んだ通過点です。

折っている途中で、子供が別の物に見立てて
遊び始めるときは、それが子供の
できあがり
なのかもしれませんね。

最後まで集中して取り組むのは
年齢を追ってできるようになってきますから
年齢が低いうちは、まずは触れることが大切ですね。

(左)4歳児・おにぎり(海苔つき) (中)2歳児・おにぎり 
(右)ソフトクリームに見えるもの


幼稚園で働いていたとき折り紙を多く取り入れていました。
月に何点かは画用紙に貼り付けて、周りに絵を描かせて…
といった感じに行っていました。
でも、本当に折り紙が好きな子は、もうひとつ折って
手に持って遊ぶ姿をよく見かけました。

そう!子供にとって本当に楽しい折り紙とは
手に持って(身体に付けて)遊べる
と、いうことなんですね。

年齢に合わせてどんどん難しい折り方に挑戦したり、
自分で折り方をアレンジしたり…
折り紙の楽しさは無限です!

そんなこんなで、只今私は「3Dおりがみ」の魅力にとりつかれて
←こういう折り紙の世界を楽しんでいます!

TOPへ

大人と折り紙


大人になると、なかなか折り紙をする機会がないと思います。

折り紙は好きですか?
大人にそう尋ねると、
「好きだけど覚えているのは鶴くらい」
「指先が思うように動かない」
「いつも途中で挫折する」
…色々マイナスなコメントがかえってきます。
大好きだから毎日折っています」と答える人は
折り紙教室に通う人と 私くらいでしょう(笑)

折り紙人口は 子供・ママ・お年寄り層が占めます。
子供がいる家庭では親しむ機会が少し増えますね。

しかし、そういう環境にない人は
折り紙が家に存在しない人の方が多いですよね。
あぁ!残念でなりません!
折り紙でなくても、広告の裏でもメモ帳でも
紙を見たら▲や■を折ってみたくなりませんか?
手先を使うので絶対に脳の活性化に良いはず!
しかも自分で折り方を考えたりできるなら
益々HAPPYですよね!!

折り紙を手にしたとき脳ミソが幼少時代の
折り紙の記憶を呼び覚ましてくれるかもしれません。

私が折り紙が大好きな理由は
幼少時代にたくさん折り紙を経験したからだと思います。
いかに多く触れ、コツをつかむか
経験数は「得意」につながると思います。

大人になってからでも遅くはありません!
ぜひ一家に一束折り紙を!

TOPへ
外国と折り紙

折り紙は日本の文化だといわれる割には
幼稚園や保育所で先生に教わって以降は
誰かに習った記憶がありません。

今まで外国の方と接する機会が多くあったのですが
目の前で折り紙を折って見せると
非常に驚き、喜んでくれます。
子供と同じ目です。
未知との遭遇ですね。

なぜできるのか?と尋ねられたとき
私は「好きだから」と答えていました。
「日本人だから」とは答えたことはありません。

今、たくさんのおもちゃやゲームが各家庭にあって
日本人なら折り紙
…とは言えない環境になっているのかもしれません。

日本は折り紙より楽しいことがたくさんあるから?

でも、そんな時代だからこそ
私はその楽しさや素晴らしさを
年齢を超えて、性別を超えて、国を超えて
伝えていきたいと思っています。


HOMEへ戻る


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス